口臭は気づきにくい

私の年齢は34歳で職業はプログラマーの仕事をしています。臭いが気になっている場所は口で口臭になります。
私はデート時に口臭がきつかったのでしょう、顔を背けられたことがあります。デートなんかでも顔が近くなるシーンというのは結構あるもので、例えばデートでビリヤード場やダーツのあるバーなんかに言った際に、彼女がやり方がわからないといった際、教えてあげるために顔が近くなります。

私はダーツとビリヤードに関しては結構得意でしてプログラマーになる前はそういった施設で一時働いていたこともあります。
でも、やはり、彼女からしたら口臭がしたのでしょう、明らかに顔を背けられました。
ちなみに口臭がするということを言われるまで気がつきませんでした。
口臭がすると直接言われたのはたしか、2回目のデートの際でUFOキャッチャーをした際です。そのときに始めて私は自分の口臭に気がつき彼女に嫌な思いをさせていたことに気がつきました。

私自身、口臭がすることを直接言われ私自身結構傷つきましたが、今になって思えばこれについては私が悪かったと思っています。
彼女とは別れてしまいましたが、確かに口臭というものは深いですし、他人に言われるまで認識できません。
自分の臭いになれてしまうため、自分から出る臭いが分からなくなるからです。私がこの体験をしたのが24歳の時でしたがこの教訓を得て私は出かける前は口臭をチェックする口臭チェッカーを使用して口臭を計ってから出かけるようにしています。

口臭に気をつけることで仕事をする際周囲に迷惑をかけることもなくなりますし、何より相手に不快なやつと思われたくないためきちんとチェックをします。彼女から言われたことは的を得ていると思います。
まず、相手から口臭がすると私自身不快でして彼女と同じ様に顔を背けたくなります。
その相手が上司だった場合、口臭がしますといいたいですが会社の場合、言うことはまず無理です。

恋人関係のように特殊な関係であれば直接いえますが会社だとかそういった場所でしかも上司から口臭がする場合どうしようもないです。
彼女は私に対して口臭がするということは勇気がいったことかもしれませんね。
まあ、付き合う前から芯が強そうな女性でしたからそういった性格だったのかもしれません。

口臭は自分では気づきにくく相手にとって我慢できないこともありますからデートの際は注意が必要です。
最近はエチケット商品がたくさんありますので対策は取りやすくなっているので解決策は多いです。
気になったらすぐにエチケット商品を使用して口臭を消したりできるので便利な世の中です。